Webデザイナーとして活動しているサブローのブログです。
  • HOME
  • 一人暮らしなら絶対に乾燥機付き洗濯機を買った方が良い3つの理由。冷蔵庫は小さいやつでもいいから洗濯機は乾燥機付きを買え!
2016 11 14

一人暮らしなら絶対に乾燥機付き洗濯機を買った方が良い3つの理由。冷蔵庫は小さいやつでもいいから洗濯機は乾燥機付きを買え!

この記事は5分ほどで読めます
この記事をSNSでシェアする方はこちら

どうも、サブロー(@saburo_design)です。

突然ですが洗濯がとてもめんどくさい!

私は引越しをする際に今まで使っていた全自動洗濯機からさよならして、新しい乾燥機付きの洗濯機を購入しました。理由はちょうどその時期に、上司が自宅で使っていた乾燥機付き洗濯機を見せてくれたからです。

洗濯機から出してすぐ使えるのはもちろんの事、タオルやら何やらがフワッフワの状態で出てきたことにとても驚きました。私が使っていた洗濯機とはまるで違う仕上がり。これはもう買うしかないなと思いました。

それからはネットで乾燥機付き洗濯機について調べたり、家電量販店に足を運んで商品を実際に見てみたりしました。そして最終的に通販で購入。

今回はそんな乾燥機付き洗濯機を本気でオススメする私から、乾燥機付きの洗濯機を買ったほうが良い3つの理由をご紹介したいと思います。

乾燥機つき洗濯機の3つのメリット

乾燥機能が付いている分、普通の洗濯機よりは若干値が張りますが、それでも今後数年の手間の省略と時短のメリットを考えたら絶対乾燥機付き洗濯機の方が良い!一人暮らしを始める知人や、引越しする方には『冷蔵庫は小さいやつでもいいから、洗濯機は乾燥機付きを買え!』熱弁しています。

  • 干す手間と時間が完全に省ける
  • 洗濯後にすぐ使える状態になっている
  • ワイシャツをクリーニングに出す必要が無くなる

仕上がりに関しては洗濯機の機種によって差があると思うのでここでは触れません。ではひとつずつ説明していきたいと思います。

干す手間と時間が完全に省ける

干す手間と時間が完全に省ける
干す手間と時間が完全に省ける

一人暮らしをしたことがある方や主婦の方なら分かると思いますが、洗濯ってやっぱり面倒なんですよね。洗濯し終わった後は服のシワを伸ばしてハンガーに掛けて外に干す。学生ならまだしも、多忙な社会人で仕事で帰るのが遅くなったりしても、洗濯し終わるまで待っていないといけない。乾燥機付き洗濯機ならその手間や時間が全て解消されます。終わったら全て乾いている状態なのでシワが気になる衣類以外なら、洗濯が終わるのをわざわざ待っておく必要がありません。

外干しや部屋干しをする必要が無いので、洗濯が終わった服はそのままハンガーに掛けて押入れに。もちろんタオルや下着、靴下なども収納スペースにそのまま突っ込みます。ずぼらですが一人暮らしなんてこんなもんです。

洗濯後にすぐ使える状態になっている

洗濯後にすぐ使える状態になっている
洗濯後にすぐ使える状態になっている

乾燥機付き洗濯機なら、部屋着やタオル、靴下など、ある程度シワになっても大丈夫なものを夜洗濯機に放り込んでスイッチを押しておけば、朝起きた時には洗濯機から取り出してそのまま使える状態になっています。

普通の洗濯機ならこうはいきませんね。天候や気温湿度にもよりますが、着ることができる状態になるまで1日ぐらい掛かります。乾燥機付き洗濯機なら次の日の朝着ていく服を夜中に洗濯しても間に合います。

ワイシャツをクリーニングに出す必要が無くなる

ワイシャツをクリーニングに出す必要が無くなる
ワイシャツをクリーニングに出す必要が無くなる

これも一人暮らしの社会人なら、かなり大きいのではないでしょうか。今までは大量のワイシャツをストックしておき、数回着たらクリーニングに出してというローテーションを組んでいましたが、乾燥機つきの洗濯機を購入してからというもの形状記憶のワイシャツを数着だけ購入しておいて数回着たら洗濯機に掛け、乾燥し終わったらハンガーに掛けて置いておくだけ。次の日には着て仕事に行けます。私はこれでひとつの夏をワイシャツ3着で乗り切りました。

普通のワイシャツだとシワになってしまい、アイロンを掛けなければなりませんが、形状記憶のワイシャツならアイロンも必要なさそうです。でもパリッとしたワイシャツを着たい人には向いてないかもしれません。私もここぞという時用のワイシャツはやっぱりクリーニングに出してます。

あと乾燥機の熱によるワイシャツの縮みを心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、形状記憶だからか1年使ってもワイシャツが縮んでるような雰囲気はありません。

乾燥機付き洗濯機はいやな臭いが付く!?

乾燥機付き洗濯機のレビューを見ているとよく目にするのが、乾燥機つき洗濯機の機種によっては、乾燥後に衣類にいやなな臭いが付くことがあるそうです。数回使用したら匂いが無くなったものもあれば、何回使っても変な匂いが付いてしまうものもあるようで、こればかりは買ってみないと分からないところがあります。乾燥後の臭いの種類としては、

カビ臭い
洗濯機の中の湿度が原因で内部にカビが発生しその臭いが衣類に付着して発生します。洗濯層クリーナー等で臭いは取れたりするそうです。また、洗濯する際に洗剤や柔軟剤を入れすぎたりするとカビが発生しやすくなるそうです。最近では『自動おそうじ機能』が付いている機種もあるので購入する際に見ておくといいでしょう。
ゴム臭い
洗濯機の中のゴムパーツが乾燥機の熱に当てられ臭いを発生させ衣類に付着する事があるそうです。買ったばかりの乾燥機付き洗濯機に特に多いそうです。数回使えば臭いは無くなったという報告もあれば、いつまで経っても臭いがなくならないという例もあるようです。
生臭い
洗濯後に長時間放置していると雑菌が繁殖し生臭さを発生させたりするそうです。もしくは風呂の残り湯を使っていると生臭くなるという報告もあります。節約の為とはいえ、衣類が臭くなるのはやはり宜しくないので使用を控えましょう。
下水臭い
洗濯機ではなく排水溝が汚れていると発生するようです。排水溝内部を一度清掃する必要があるかもしれません。

まとめ

幸い私が購入したものは、そういった匂いも特に無く今まで快適に使用できています。購入前にレビュー等よく確認したほうがいいかもしれませんね。

値は張りましたが購入してよかった家電のひとつです。また、スペースに余裕があるのでしたら洗濯機と乾燥機を単体で買うというのもありです。とにかく乾燥機付き洗濯機はオススメですよ。

この記事をSNSでシェアする方はこちら

コメント

  1. ノー

    幅50センチ以内の洗濯乾燥機を調べておりますがあるでしょうか。
    よろしくお願い致します。

    • 私も家の関係でかなり小さいものを選んで買いましたが幅50cm以内と言うのは聞いたことがないですね…
      ちなみに私のは幅60cm位でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Profile

Web・グラフィックデザイナー
美味しいものを食べに行ったり技術録を書いたり。最近ブログ用のデジカメを買って浮かれています。ツイッターとかインスタグラムもやってますのでフォローもお気軽にどうぞ。
PAGETOP
Copyright © SABURO DESIGN All Rights Reserved.