Webデザイナーとして活動しているサブローのブログです。
  • HOME
  • Webデザインへの情熱が再燃したのはWordPressとの出会いがきっかけでした。初めて自分でホームページを完成させた時の話。
2016 7 3

Webデザインへの情熱が再燃したのはWordPressとの出会いがきっかけでした。初めて自分でホームページを完成させた時の話。

この記事は6分ほどで読めます
この記事をSNSでシェアする方はこちら

どうも、サブロー(@saburo_design)です。

ぶっちゃけWebデザイン大嫌いだったんですよね。

私は高校卒業後、デザインの専門学校に行っておりグラフィックデザイン、Webデザイン、果ては3DCGデザインまで満遍なく学びました。そして専門学校を卒業し、インハウスデザイナーとして大阪の企業で就職したのですが、正直Webデザインの仕事は苦痛でした。当時HTMLとCSSしか知識がなく、ドリームウィーバーでホームページをちまちま更新したりしましたが、思うようにレイアウトが組み立てられず…。

グラフィックデザインを中心に業務をこなす

幸いその会社ではWebよりも、チラシ・広告・資料などの仕事が多かったのでWeb制作はそこそこに、グラフィックデザインの仕事に注力していました。それでも時々あるWeb関係の仕事は辛かったです。

グラフィックデザインのスキルはガンガンあがって行きますがWebデザインのスキルは低いまま。いつしか自分がWebデザイナーを志望していた事などすっかり忘れていました。

そんな時、たまたま会社の別部署に配属になった人が元転職サイトの運営者でWordPressの経験者でした。

Webデザインの仕事は一旦すべて預ける

その人はサイトの運営経験もあるので、クオリティはともかくWordPressで簡単にサイトを立ち上げて、ささっと更新していくって作業が早かったんですね。(当時の私はこれだけでハードルが高かった)

なので上の人達の承認のもと、部署は違いますがWeb関係の仕事は一旦その人にすべて預けることにしました。そして私はグラフィックデザインに完全に絞って仕事ができるようになりました。苦手なWebデザインから解放された私は少し肩の荷が下りた思いでした。

WordPressについて調べてみる

Webデザインの仕事を手放したちょうどその年の4月、私の下に初めて部下が配属されました。

デザインの仕事を教える事に四苦八苦しながらも、部下に仕事を振る傍ら少し空いた時間を何に使うか考えていました。そこでふと、Webデザインの仕事を預けた人が使用しているWordPressが少し気になり始めました。あれだけ簡単にそれっぽいサイトが作れるWordPressって何なんだろうと。

それまでWordPressがどういうものかも分かっていなくて『ホームページビルダー』みたいなホームページ作成ソフトかな位の認識でした。インターネットで自分で調べてみるも、

WordPressとは?
WordPress(ワードプレス)とは・・・オープンソース・無料で提供されている「ブログシステム」のソフトウェアのことです。 PHP(プログラム言語)と、MySQL(データベース)で作らているWordpressですが、難しい専門知識がなくても簡単に自分だけのブログを作ることができます。

…なんのこっちゃ!?って感じでした。私が作りたいのはブログじゃないけど!ちゃんとしたホームページが作りたいんですけど!

しかし、WordPressにはテーマというデザインテンプレートあって、ものによっては企業サイトのようなものを作る事も可能だって?なるほどなるほど…。

気が付けばWordPressについてガッツリ調べていました。しかし実際に使ってみないと本当にホームページが作れるか分からない。というわけで実際にWordPressでひとつホームページを作ってみることにしました。

ひとつホームページを作ってみる

会社のサービスの内のひとつで私が作ったホームページがひとつありました。私が作ったといってもデザイン最悪、情報も古い、SEO対策?何それ?みたいな見るのも恥ずかしいようなホームページです。サービスの公式サイトにも関わらず、アクセス数はほぼなし、Web経由の成約無し、1年に1回お問い合わせフォームからメールが来るか来ないかといった、社内でもサイトがあることすら知らない人がいるような本当にカスのようなホームページでした。

どうせ誰も見てないならこのホームページをWordPressで変えてやろう!と思いました。

といってもいきなり既存のホームページを削除してWordPressで作り直すというのはさすがに怖かったので、そのサイトのサブドメインを作り、そこにWordPressをインストール(手順をインターネットで見ながら)。そして初期状態のサイトを見てみると、タイトルだけ会社のサービスのサイトができてる!

なるほど、この投稿すれば自動的に反映されるのか!すごい、ヘッダーのメニューが簡単に作れる!当時の私には衝撃でした。当時私はドリームウィーバーで作ったhtmlデータとCSSデータを更新するたびにFTPソフトでちまちまアップロードするとかやっていたので、【更新】ボタンを押すだけでサイトに反映されるという事に感動してしまいました。おしらせ情報とかも1ページづつhtmlデータを作って、リンクをそれぞれのページに作って…。今思うとめちゃくちゃ不毛な事やってましたね。

そんな無駄に時間の掛かる作業をやっていたからかWordPressの便利さに一目惚れしてしまいました。テーマを色々変えてみたり、プラグインを色々入れてみたり。そして『これならイケる!』と思った私は本サイトの方をWordPressで変えていく作業に入ったのでした。

WordPressで初ホームページが完成

試行錯誤のすえ、ついにWordPressを使った初ホームページが完成しました。決して出来が良いとは言えないCSSも追加していないもちろんテンプレートの編集もしていないテーマやプラグインに頼りきったホームページでしたが、当時の私から見れば今まで作った中で最高傑作と呼べるものでした。

あとはホームページのアクセス数が伸びて、あわよくばサービスの申し込みなんか来たらいいなと思っておりました。上の人には『もしホームページからお申し込みが来たらちゃんと僕の獲得にしてくださいね!』とちゃっかり根回しもしておきました。

完成してからもちょくちょく更新したり、めっちゃアクセス数が伸びてると思ったら自分が見てるアクセス数もカウントされてると分かってぬか喜びしてたりと…。

そして完成してから約3ヶ月後。ついに来ました、ホームページから新規のお申し込みが1件!それはもう嬉しかったです。今までほぼ無かった申し込みが3ヶ月で来たんですから。

その後も順調でアクセス数は徐々に伸びていって、現在ではホームページからの新規お申し込みも月に3~5件ぐらいのペースで来るようになりました。

まとめ

それから預けていたWebデザインの仕事を再び返してもらいました。預けていた人も本来の業務ではないため、なかなか手を付けられず、また貰ってくれると助かるということで。

複数あった会社のホームページも今ではほぼ全てWordPressで作り変えてしまいました。グラフィックデザインの仕事は部下に、Webデザインの仕事は私がという役割分担でやっております。これでようやく私が志望していたWebデザイナーとなることができました。

この記事をSNSでシェアする方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Profile

Web・グラフィックデザイナー
美味しいものを食べに行ったり技術録を書いたり。最近ブログ用のデジカメを買って浮かれています。ツイッターとかインスタグラムもやってますのでフォローもお気軽にどうぞ。
PAGETOP
Copyright © SABURO DESIGN All Rights Reserved.