どうも、サブロー(@saburo_design)です。

この日はとあるホテルで開催された記念パーティーに出席しております。誰の何のどこの記念パーティーかは伏せますが(怪しい集まりじゃないですよ?)会場には300人以上の参加者が集まり、今日というめでたい日を祝ってくれています。記念パーティーいいですよね。

ん?なにがいいかって?

そりゃ美味しい料理これでもかと言うほど食べられるからですよ!

高級ビュッフェをたらふく食べてきた

ひゃっほ~う!メシだメシだ~!

  • 高級ビュッフェ

  • 高級ビュッフェ

じゃんじゃん持ってこ~い!

  • 高級ビュッフェ

  • 高級ビュッフェ

うめぇ!うめぇ!

  • 高級ビュッフェ

  • 高級ビュッフェ

寿司うめぇ!デザートうめぇ!

  • 高級ビュッフェ

  • 高級ビュッフェ

タダ飯最高~!!

・・・。

・・・。

・・・はい。ここまでの文章を読むとただの食い物目当てに他所様パーティーに潜入し、タダ飯を食らうだけのクソ野郎のようですが、このパーティーにはちゃんと仕事で来てます。というか主催者側の人間です。

やっぱりイベントを開催するのって大変

数週間前からパーティーの前日の夜遅くまで準備やら何やらでバッタバタで当日のタイムスケジュールすら碌に把握してなかったくらい大忙しで、このパーティー中も疲労感からずっとうなだれていました。

せめて美味しい料理だけでも楽しもうと合間合間にシェフの方々が腕を振るってくれた料理に舌鼓を打っていた次第です。決して冒頭のテンションで料理を食い荒らしていたわけではありません。(料理もやさしい同僚が私の元に持ってきてくれていました。)

やっぱりこのようなパーティー開催の裏では沢山の人の準備や段取りがあり、初めて皆さんに楽しんでもらえるということです。招待状を出し、会場を手配し、料理を手配し、あれやこれや。

パーティーの準備をメインで手伝っていた訳ではないですが、はたから見ていても大変だと思いました。イベント運営企業とかでしたら首尾よく進められるんでしょうが、しょっちゅうやるものでもない人達がやるとまさしくてんやわんやです。

準備をしてくれた人達に感謝しなければいけませんね。

大きなイベントといえば

Wikipediaより会場の京セラドーム大阪
Wikipediaより会場の京セラドーム大阪

大きなイベントといえば最近、大阪の京セラドームで開催された日本最大級の若い女性向けのファッションショーイベント『関西コレクションKANSAI COLLECTION 2016』を見てきました。

そりゃもう大きな会場に華やかなステージ、ゲストも超大物含めた、参加人数も掛かっているお金も動員しているスタッフの人数も文字通り桁違いの規模の楽しいイベントでした。

そこで私はステージを見ながらふと思ってしまいました・・・。

『この華やかで楽しそうなステージに立つまでに、きっとこのモデルさん達は毎日毎日大変な努力を重ねてやっとここまで来れたんだろうな・・・。このイベントにしても何百人ってスタッフの人が準備にリハーサルにめっちゃ大変な思いをしながら、今日ついに開催されたんだろうな・・・。』・・・と。

涙腺の弱い私はそんな自分の妄想に胸を打たれてモデルさんやスタッフの人達の苦労を思うとウルっと来てしまい、上記の私の素直な気持ちを涙ながらに一緒に来ていた友人に話しました。するとその友人はそんな私に対して、

『あぁ…そう…(苦笑)』

リアルにドン引きしていました。

なんなんだよ!

(おしまい)