どうも、サブロー(@saburo_design)です。

アメリカの人工知能研究所とコンピュータ企業が共同で『人間のような視覚認識力・聴覚認識力を持つAI』開発すると発表しました。このプロジェクトの狙いは、より人間の脳に近いAIを開発する事で、今までAIが苦手だった『予測』の部分を強化する事が狙いのようです。

いやーすごいですね!日に日に進歩していっている人工知能技術を見ていると、エクセルの計算能力に驚いていた高校生の頃の自分が懐かしく思えます。

10年後には無くなる可能性が高い仕事

人工知能の発達により、10年後にはかなりの数の職業がコンピューターに代替されると巷では囁かれています。英オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授は、

コンピューターの技術革新がすさまじい勢いで進む中で、これまで人間にしかできないと思われていた仕事がロボットなどの機械に代わられようとしています。たとえば、『Google Car』に代表されるような無人で走る自動運転車は、これから世界中に行き渡ります。そうなれば、タクシーやトラックの運転手は仕事を失うのです。

これはほんの一例で、機械によって代わられる人間の仕事は非常に多岐にわたります。私は、米国労働省のデータに基づいて、702の職種が今後どれだけコンピューター技術によって自動化されるかを分析しました。その結果、今後10~20年程度で、米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いという結論に至ったのです。(マイケル・A・オズボーン准教授)

20年後には約半分の職業がなくなっているという何とも恐ろしい論文。オズボーン氏が挙げる将来無くなる仕事は次のようなものでした。

  • 営業全般・レジ係・受付全般・ローン審査員・入力事務全般・コールセンター
  • タクシーやバス、トラック配送員などの運転手全般
  • 接客業・サービス業・料理人・不動産ブローカー

ドライバーや接客業は最近のPepper(ペッパー)や自動運転技術の目覚しい進歩を見ていれば『やっぱりなぁ・・・』という感想が出てきますが、人とのコミュニケーション能力を必要とするサービス業も無くなるのは意外でした。オズボーン氏は続けて、

最近の技術革新の中でも注目すべきはビッグデータです。これまで不可能だった莫大な量のデータをコンピューターが処理できるようになった結果、非ルーチン作業だと思われていた仕事をルーチン化することが可能になりつつあります。(マイケル・A・オズボーン准教授)

今まではせいぜい『力仕事』と『ルーチンワーク』と『計算』しか出来なかったコンピューターが、今では人間以上の『知識』と『判断力』と『経験』を備え始めているんですね。頼もしいような恐ろしいような・・・。

クリエイティブな仕事は人間にしか出来ない?

感情のある仕事は最後まで生き残る
感情のある仕事は最後まで生き残る

人間は機械にできる仕事は機械に任せて、より高次元で感情の必要な大事な仕事に集中できるようになるわけです。『経営者』『マネージャー』『セールスエンジニア』そして『デザイナー』。考える仕事、感情のある仕事は最後まで生き残る仕事だとされています。ロボットやコンピューターはデザインなどのクリエイティブな仕事には向いていないんです!

・・・と、ここで安心してしまった『デザイナー』の皆さんは少し危険です。

実はクリエイティブ系も危ない!?

サンフランシスコでは、人工知能がWebをデザインするサービス『The Grid』が話題になっています。ユーザーが管理画面から文字や写真をアップし、カラースキームを決めるだけで、それらのスペックに最適なサイトを人工知能で生成する仕組み。アップした写真は、システムが最適なサイズでクロップし、その画像コンテンツにとユーザーが指定したカラースキームに合わせ、システムが文字コンテンツのフォントも選定し、最もふさわしいデザインを生成してくれるというもの。当然レスポンシブデザインで。

どうせ似たり寄ったりなデザインになるんだろ?(震え声)と思わなくも無いですが、先ほど触れた『知識』と『判断力』と『経験』を備えたAIなら・・・う~ん。普通に出来ない気がしなくもないですね笑

更にはアクセスしたユーザーの動きに合わせて、システムがユーザーの動きを分析し、コンバージョン率を上げる為に定期的に自動更新をするという凄まじい機能も備えているようです。

まとめ

と言うより、AIに取って変わられる程度の創造力しかないのであれば、どのみちデザイナーとして長くやっていく事は出来ないという事でしょう。オズボーン氏はこうも話しています。

かつて洗濯は手作業で行っていましたが、洗濯機の登場でその仕事は奪われました。しかし、それによって余った時間を使って新しい技術や知恵が創造された。こうして人類は発展してきたわけです。現在起きているのも同じことです。

ロボットやコンピューターは芸術などのクリエイティブな作業には向いていません。となれば、人間は機械にできる仕事は機械に任せて、より高次元でクリエイティブなことに集中できるようになるわけです。人間がそうして新しいスキルや知性を磨くようになれば、これまで以上に輝かしい『クリエイティブ・エコノミー』の時代を切り開いていけるのです。(マイケル・A・オズボーン准教授)

WEBデザイナーとして食べていくためには、常に新しい技術を見に着けるためのアンテナと、コンピューターにはできない付加価値が必要と言う事ですね。