ポスターで使う写真を撮影しに日本三景のひとつ広島県廿日市市の観光スポット宮島に行ってきた話

2017年10月24日エッセイ厳島神社, 牡蠣, 撮影

8月も下旬に入りまだまだ夏真っ盛りといった具合です。私は鳥取出身だからなのか寒さにはめっぽう強いんですが、代わりに仕事でもプライベートでも基本引きこもりなので暑さにはとても弱く、正直夏は結構しんどいです。

それはそうと現在とあるポスターのデザインをやっておりまして、そのポスターで使用する写真の撮影をしに広島県へ行く事になりました。どんなポスターなのかはここでは書けませんが、ポスターで使用する写真のコンセプトの一部として、写真の中に『広島らしいもの』が写っていなければなりません。

そんな訳で撮影スケジュールやロケーションを決め先日大阪から広島まで行ってきました。その時の話を書きたいと思います。

目次

朝5時に大阪を出発

朝5時に大阪を出発
朝5時に大阪を出発

予定している撮影ポイントが複数ある上に日帰りスケジュールなので朝の5時に仲間と集合します。残念ながら予算の関係で新幹線は使えないため車での長距離移動になります。ちなみに大阪から広島まで車で約5時間ほど掛かります。

この移動の時の話で特に書くことはないのですが、後のとあるお楽しみのためにご飯は食べずに移動しました。そして休憩を挟みつつ予定通り広島に到着し現地の仲間や写真に写るモデルと合流、撮影ポイントに向かいます。

撮影開始

『広島らしいもの』として選んだもの
『広島らしいもの』として選んだもの

↑今回の撮影のコンセプトの『広島らしいもの』として事前に決めたのが広島県廿日市市の観光スポットとして有名な離島、宮島にある厳島神社の大鳥居です。恐らくテレビやらなんやらで見た事がある方も多いと思います。

実は最初、本州側から厳島神社の大鳥居を撮影できればフェリーで宮島まで渡らなくて済むしそれでも良いんじゃないかという計画がありました。なるほど完璧な作戦っスねー…

本州から宮島を撮影(厳島神社の大鳥居はもう少し右側にある)
本州から宮島を撮影(厳島神社の大鳥居はもう少し右側にある)

不可能だという点に目をつぶればよぉー!!

どう考えても本州から宮島までの距離がありすぎる上に一緒に写るモデルが入らないだろと思ってたんですが一応最初にポイントに向かいました。

案の定距離がありすぎましたので早々に本州での撮影を断念して、おとなしくフェリーで宮島に渡る事にしました。ちなみに今回の撮影のカメラマンは私がやってます。

カメラの腕は全然大したことない私ですが、やっぱりデザインで使用する写真は誰かに頼むより自分で撮影したほうがレイアウトを考えながら撮影できるぶん圧倒的に使いやすいんですよね。

JR宮島フェリー乗り場
JR宮島フェリー乗り場

という訳でJR宮島フェリー乗り場に到着。ここにも鳥居の模造品が立てられていますが仲間が『これでもいいんじゃね?』と言っていました。なんでもアリか!

(一応撮影はしました)

宮島フェリーきっぷ売場
宮島フェリーきっぷ売場

往復360円の切符を人数分購入します。宮島行きのフェリーは15分毎に1便出ていますのでほとんど待たずに乗船できます。

宮島フェリー乗船
宮島フェリー乗船

そういえば私、フェリーに乗るの10年ぶりぐらいでした。良い大人が真っ先に3階の見晴らしが良い場所を陣取る姿は他人から見ればさぞ滑稽に映った事と思います。

宮島フェリー出港
宮島フェリー出港

宮島に向けて出港しました。この日は天気にも恵まれめちゃくちゃ暑かったんですが、フェリーの上は良い感じに涼しい風が吹いていてとても気持ちよかったです。

宮島に到着

宮島に到着
宮島に到着

10分ほどのクルーズを楽しんだ後、船は宮島に到着。後はここから15分ほど歩くと厳島神社の大鳥居に到着します。その事を仲間に言うと『そんなに掛かんの!?』と驚いていました。厳島神社にダイレクトに乗り上げるとでも思ってたんでしょうか。

観光客で賑わう
観光客で賑わう

人が少ないであろう平日を狙って来たんですが周りは外国人観光客や家族連れがたくさんいました。そういえば今は夏休みだという事をすっかり忘れていました。あと浜辺で泳いでいる外国人観光客がいました。泳いで良い所なのかどうか知りませんが。

鹿
鹿

そして宮島のそこらじゅうに鹿がいました。この日は暑かったので鹿も木陰でのんびりしていました。やはり観光スポットの動物はみんな人馴れしていて、人に撫でられるまま記念撮影されるままでとても大人しかったです。

撮影しながら厳島神社へ向かう
撮影しながら厳島神社へ向かう

このあたりはもう厳島神社の大鳥居が見えはじめているので歩きながら色々と撮影しています。テレビとかでは厳島神社の大鳥居は満潮時の海の上に立っている姿をよく見ます。代わって干潮時は水位が下がり地面が現れ大鳥居の足元まで歩いて行ける様になります。

撮影のタイミングとしては満潮時が一番良いという事で事前にキッチリ満潮の時間を調べていましたのでシチュエーションとしてはバッチリでした。

実はこの時、大阪から来たメンバーは全員Yシャツにスラックスという仕事姿だった為、この観光スポットではかなり浮いていたと思います。真夏のしかもこの天気、全員汗だくで歩きながら撮影してました。

モデルもこの場に不釣合いな格好をしていましたし、撮影している私達をスマホで撮影している外国人観光客もいたので、ヘタすればYouTuberか何かだと思われてたかもしれません。

厳島神社に到着
厳島神社に到着

そして厳島神社まで到着。撮りたい写真はあらかた撮って最後に神社の中から大鳥居をバックに撮影しようかここで全員で相談したんですが私を含めその場にいた全員『もう別によくない?』というテンションになってました。正直暑すぎました…

これでひとまず本日の撮影は全て終了しました。

紅葉堂『揚げもみじ』を食べる

表参道商店街
表参道商店街

再びフェリーに向けて歩き出します。この時の時間がちょうど正午を過ぎたあたり。厳島神社までは撮影のため海沿いを歩いていましたが、今度はお土産屋や食事処が立ち並ぶ表参道商店街を歩いて戻ります。

そこで仲間の1人がオススメする宮島名物、紅葉堂の『揚げもみじ』がありまして、これはもう食べるしかねぇという事で立ち寄らせてもらいました。紅葉堂の『揚げもみじ』に関してはこちらの記事に書いています。↓

揚げもみじを食べた後は再びフェリーに向けて歩き出します。

名物木製しゃもじ
名物木製しゃもじ

宮島の商店街にはあちらこちらにお土産用の木製のしゃもじが売られています。宮島は木製しゃもじ日本一の産地らしいですね。

他にもかき小屋やあなご飯屋が立ち並びます。

大杓子
大杓子

これが宮島のシンボルでもある世界一の『大杓子』です。長さは7.7m、幅が2.7m、重さは2.5tにもなる巨大しゃもじです。

宮島を離れる
宮島を離れる

再びフェリーに乗って本州に戻ります。結局宮島にいたのは1時間だけでした。

牡蠣を食べる

かき小屋へ
かき小屋へ

さて、ここで本日のお楽しみイベント、牡蠣を食べにやってきました。実は広島に来る前に現地のメンバーにかき小屋を予約してもらっていたのです。広島に来たのなら牡蠣を食わずしてなんとやら。かき小屋『島田水産』で牡蠣料理を堪能した記事はこちらに書いています。↓

ただここで1つ裏話をすると、予約を任せた現地の仲間が取ったのがまさか空調設備のないかき小屋だとは思ってなかったので、Yシャツスラックスの仕事姿で汗だくのままめちゃくちゃ暑い中牡蠣を食べることになりました。

やっと涼しいところで休憩できると思ってた一同は完全にドン引きしてました。牡蠣を焼くコンロの火のおかげで暑さも倍プッシュ!…でも暑さを差っぴいてもここで食べた牡蠣はかなり美味しかったのでオススメです。

大阪に帰る

あとは別件で入っていた予定やらなんやらを終わらせて17時頃に大阪に向けて広島を出発。

帰りの晩御飯を食べる為に立ち寄った兵庫県の三木サービスエリアで加古川のご当地グルメ『かつめし』を食べましたが美味しかったです。↓

そんなこんなで大阪に到着したのは夜の10時頃でした。実質現場で動いていた時間はわずかでしたがやっぱり長距離移動は大変でした。

あとは宮島で撮影した写真を使ってデザインを何パターンか作成し、関係者と打ち合わせのもとポスターのデザインが完成しました。

今回のポスターの作成は年1の企画なのですが『来年はもっと涼しい時に撮影しよう』と全員の意見が一致しました。

(おしまい)