どうも、サブロー(@saburo_design)です。

突然ですが皆さんは苦手なものってありますか?

『ありません』と答えるツワモノは多分いないと思うので、誰でも苦手なものがひとつはある前提で話していきます。

例えばゴキブリなんかは人間が苦手なものの代表選手として常に君臨する王者ですよね。当然私も苦手です。見た目や動きから来る生理的嫌悪感とか、過去のトラウマから来る苦手意識などなどなど。苦手なものも十人十色、好きなものよりも苦手なものから知るほうが相手の事を深く理解できる事もあります。

という事で【私の苦手なもの】を紹介するという誰も何も得るものが無さそうなことを書いていこうと思います。あまり大勢の人が共感できなさそうなマイナーどころを攻めていく予定ですのでよろしくお願いします。

よく使われるアニメのとある演出が苦手

最近はあまり見なくなった気がするんですがアニメのとあるワンシーンで、主人公の顔を動物(ペット)がペロペロ舐めて、

『ははは!くすぐったいよポチ~!』

って言うシーンがあるじゃないですか?アレがなんか苦手なんです…。そのシーンがあると心の臓の辺りがキュッとするんです。アニメの登場人物と動物がじゃれあい始めると、身構える自分がいるんですよね。

またそれに似たようなパターンで、これまた良く見る演出なんですが、ライバル的な相手と河原とか学校で殴り合いのケンカして、2人とも体力が尽きて仰向けに倒れこみ、

A『ハァハァ…やるじゃねぇかお前…』
B『…お前もな…プッ!はははは!!』

AB『『あーっはっはっはっは!!』』

…って言うのも苦手なんですよね。

なんかこれだけ書いてると『過去になんか嫌な思い出でもあるの?』とか聞かれちゃいそうですが、別に全くそういった幼少期のトラウマみたいなものは全く無いんですよね。誤解しないで欲しいのが私は犬猫といったペット全般大好きです。舐められることも別に嫌いではありません。

とここまで書いていて分かったんですが私、

キャラが大声だして笑ってるのが苦手なのかもしれない…

ドラマとかの実写だったらなんとも思いません。アニメキャラ限定なんです。なんなのこれ?でもキャラが高笑いしてるのはなんとも思わないんだよなぁ…『ワーッハッハッハ!!』とか『オーッホッホッホ!!』とか。

(もしかしたらコイツら私の悪口で笑ってるのかも…)というちょっと行き過ぎた二次元愛みたいなものも持ってませんし、『お前の笑顔は俺だけのモノだ…二度と他人の前でその笑顔は見せるんじゃねェ』というヤンデレ資質も持っていません。

キャラが笑ってる平和的シーンなんで『共感性羞恥』とはまた違うから尚更原因が分からないんですよね。

共感性羞恥
他人が怒られたり恥ずかしい思いをしている所を見ると、なぜか自分も恥ずかしくなっていたたまれなくなる現象。分かる人と分からない人がいるらしい。

まあこれが苦手だからって日常生活には全く支障は無いんですけどね!

以上が私の苦手なもの『懐いてきた動物に顔を舐められ『くすぐったいよ~ははは!』っていうアニメのワンシーン』でした。これに関しては共感して欲しい半分、共感して欲しくない半分です。

他にも思いついたら書くかもしれません。(食べ物系以外で)