WordPressの管理画面の投稿一覧を公開状態(非公開とか予約投稿)ごとに色分けして見やすくする方法

2017年7月20日WordPress管理画面, カスタマイズ

9ヶ月近くも掛かりましたがこのブログももうすぐ100記事に到達できそうです。実は公開した100個の記事の他に非公開状態の記事が50個ぐらいあります。公開しないのは単純に、まだ書いてる途中の記事や、いつかこの記事を書こうとネタのタイトルだけ書いて忘れないようにメモ代わりにしているだけの記事とかなので、決して出し惜しみしているわけではありません。

さてここからが本題なのですが、記事が少ない時は全く気にならなかったんですが、ワードプレスの管理画面の投稿一覧で公開中の記事と非公開の記事がごちゃまぜになっててパッと見分かりづらいな~と思い始めました。

公開中の記事と非公開の記事が混ざっててパッと見分かりづらい
公開中の記事と非公開の記事が混ざっててパッと見分かりづらい

単純に公開中と非公開でソートをかければ良いという元も子もない話ではなく、全ての記事が混在している状態で見やすくしたいというのが今回の趣旨です。さらに公開や非公開だけでなく、予約投稿、パスワード保護、レビュー待ち、下書き状態なども色分けしたいと思います。

目次

ワードプレスの管理画面の投稿一覧を公開状態ごとに色分けする方法

↓こちらの記事を参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

WordPress管理画面の投稿一覧でステータス毎に色分けする方法

私は基本的に非公開予約投稿ぐらいしか使わないのですが一応需要のある人もいそうなので全部まとめて設定します。functions.phpに下記のコードをコピペしてください。

//管理画面の投稿一覧を色分け
function poststatus_background_color() {
?>
<style type="text/css">
/* 非公開 */
.status-private { background-color: #F2D46F !important;}
/* 下書き */
.status-draft { background-color: #FCE3F2 !important;}
/* レビュー待ち */
.status-pending { background-color: #87C5D6 !important;}
/* パスワード保護 */
.post-password-required { background-color: #EEEE22 !important;}
/* 予約投稿 */
.status-future { background-color: #C6EBF5 !important;}
</style>
<?php }
add_action( 'admin_head', 'poststatus_background_color' );

すると管理画面の投稿一覧がこのように色分けされます。

公開状態ごとに色分けされた投稿一覧
公開状態ごとに色分けされた投稿一覧

これは分かりやすい!

並べて比較すると一目瞭然です。

  • 色分け前
    色分け前
  • 色分け後
    色分け後

非公開や予約投稿のステータスが重なった場合は非公開がもっとも優先されます。カラーコードはお好みで変更してください。一応コード表置いておきます。

カラーコード表
#F2D46F #FCE3F2 #87C5D6
#EEEE22 #C6EBF5 #FFFFFF

まとめ

書いた記事が増えていくにつれ管理する側も結構大変になっていきます。最近はひどいもので自分で一度書いた記事と同じ内容の記事をまた書いてたこととかもあったのでこれを機に管理画面側のカスタマイズなども覚えていきたいと思います。